富士山御殿場口7合4勺「わらじ館」艦長 富士半蔵の日記
わらじ館HP : http://warazikan.main.jp/
九州に行ってきました。6

 霧島温泉から宮崎を通りこし延岡まで行きました。

 

 鹿児島市、宮崎市で宿泊しなかったのは唯のへそ曲がりだからです。

 

 延岡のビジネスホテル周辺で今夜の居酒屋探します。

 

 「青春の門」って店見つけました。

 

 メーミングで決定!

 

 鳥刺しで焼酎です。

 

 ここまで来ると焼酎は霧島になります。

 

 カウンターですが中は見えずお話しはできません。

 

 帰りに店員のお姉さんに「なんで青春の門なの」って聞いたところ

 

 「先代がその小説好きだったので」

 

 うっ先代?

 

 「昨年68歳で急死してしまって」

 

 残念です

 

 「私まだその小説読んだことなくって」

 

 あ〜なんと…。

 

 でも焼酎も料理も美味しかったです。

 

 

 さて翌日はキャンプ場を探しました。

 

 半蔵は立派なキャンプ場はあまり好きではありません。

 

 電源付で5000円なんてありますがちょっと???です。

 

 5000円あればビジネスホテル沢山あります。

 

 キャンプ場ガイドによると近辺に2か所無料キャンプ場あります。

 

 海と山です。

 

 延岡のマックスバリューで食料買ってまず海へ!

 

 お〜すごい景色のキャンプ場発見!

 

 佐伯市の地域振興課が管理してるみたいです。

 

 一応電話しました。

 

 「マナー守ってお使いください」ですって!!!

 

 時間早かったので山のキャンプ場も見にいきました。

 

 佐伯市の中岳キャンプ場です。

 

 川の側でなかなかですが、海の方が素晴らしい!

 

 で海に戻りました。

 

 

 

 

 テント設営完了!

 

 目の前ビーチ

 

 日本ですか?​

 

 早々に

 

 飲むしかない!!!​

 

 焼酎は小さな酒蔵探して買った物です。

 

 ラベルに慈悲の滴ってなんか笑っちゃいました。

 

 海のキャンプ場土曜日なのにガラガラです。

 

 穴場です。

 

 キャンプ場名言いません。

 

 黙秘です。

 

 わらじ館で直接半蔵に聞いてください。

 

 自供するかもしれません。

 

 夕暮れです。

 

 場所は言いません!!!

- comments(0) -
端午の節句にちょっと登りました!

 九州紀行は次回続編投稿します。

 

 

 現在富士山は積雪で危険があるため登山禁止です。

 

 雪の無いハイキングルートは大丈夫です。

 

 そこで

 

 御来光は五合目1400M地点で​

 

 薄いピンクに染まりました。

 

 登り始め地面には霜柱ありました。

 

 次郎坊1920Mまで登りました。​

 

 半蔵の足ではここが限界かな?

 

 コースタイムは1.5時間ですが2時間以上かかりました。

 

 地面は凍って締まってました。

 

 スコリアなので滑りませんので登り易かったです。

 

 宝永山はこんな感じです。​

 

 二ツ塚(双子山)はこんな感じ

 

 で山中湖は細長く見えます。​

 

 わらじ館見えますか?

 

 ルーペで見てください。

 

 少しボコボコですが開山迄には整備されます。​

 

 撮影したのは午前8時ころです。

 

 11時ころ富士宮口9合目で滑落事故が発生し、30歳の男性が死亡しています。

 

 美しさの魔力 危険が隠れてます。

 

 いつも言ってますが木花咲耶姫は冷酷です。

 

 

 下山は次郎坊〜新5合目コースタイム35分です。

 

 半蔵は2時間30分でした。

 

 御殿場わらじ基地に帰宅後入浴し温まりましたが、足に1袋分湿布したら寒くなりました。

 

 本日6日は筋肉痛で心地良いです。

 

 

 

 

- comments(0) -
九州に行ってきました。5

 指宿からは鹿児島を通過し、霧島に向かいました。

 

 霧島山系の硫黄岳が噴火しているとの報道を知って決めました。

 

 テレビで官房長官が必要のない方は近づかないようにと言ってますが…。

 

 菅さんごめんなさい。

 

 半蔵は火山である富士山を生業にしています。

 

 噴火知らねば!!!

 

 新燃岳の通行止め個所まで来ました。

 

 ここを迂回して硫黄岳方向に行きます。

 

 新燃岳の噴煙見えてますがビビりながら撮影したのでピントが前の枝に…。​

 

 写真1枚しかありません。

 

 硫黄岳は見えませんでした。

 

 霧島温泉の源泉は

 

 こんな感じで新燃岳なみに蒸気が上がってます。​

 

 で霧島温泉の一つに入りました。

 

 360円でした 銭湯より安い!!!

 

 

 しかし!!!

 

 桜島は常時こんな感じで噴火してます。​

 

 半蔵驚きました。

 

 毎日、毎日噴火です。

 

 鹿児島市内を走る車には火山灰が!

 

 

 霧島の道の駅からも桜島よく見えました。

 

 相変わらず噴煙上がってます。

 

 でもみなさん普通にしてます。

 

 てか眺める人いません。

 

 レストランのおばちゃんに「毎日噴火してるの?」と聞くと

 

 当たり前って顔されて「はい」って

 

 新燃、硫黄岳が少々噴火しても桜島がこれでは…。

 

 もっと桜島のそばに行けばよかったと思う半蔵でした。

 

 

- comments(0) -
九州に行ってきました。4

 枕崎の次は指宿へ!

 

 指宿に入るとセブンイレブンが!!!

 

 

 

 ここで現金補充して、昨夜の疲れ怒りを癒しに砂蒸し温泉行きました。

 

 受付で1080円支払い浴衣を借ります。

 

 浴衣の下は何も付けずにタオル持って海岸へ。

 

 砂浜の屋根の下でお兄さんが穴を掘って待ってます。

 

 穴に横になるとお兄さんがタオルを耳から首に巻いてくれます。

 

 で準備完了です。

 

 上から砂を被せてくれます。

 

 なんか生き埋めにされる心境です。

 

 砂を被せられるのですから当然重みを感じます。

 

 低温やけど注意の看板見ながら10分間 気持ち良い汗をかきます。

 

 砂を自分でどけて生き埋めを脱します。

 

 建物に入り浴衣を脱ぎシャワーを浴び浴室に行きます。

 

 浴室で温泉に浸かります。

 

 人手も掛かりますので1080円は妥当な料金なような気がします。

 

 

 指宿に来た理由はBSNHKでやった六角精児さんの{飲み鉄の旅}の影響です。

 

 黒ジョカで焼酎を飲むシーンに憧れての指宿なんです。

 

 NHKなので店の名前がイマイチ分かりません。

 

 指宿駅の観光案内所に行き店を聞き宿も紹介してもらいました。

 

 元ラブホのようなビジネスホテルでしたが黒ジョカ焼酎があれば!!!

 

 開店時間は17時みたいでした。

 

 17時05分店に着きました。

 

 親父さんが店の入り口に!

 

 「やってますか?!!」

 

 「すみません 店改装中です。」

 

 ガァーン!!!

 

 わざわざ指宿に来たのに〜

 

 挫ける気持ちを取直し良さげな居酒屋探します。

 

 半蔵、前職のおかげで鼻がききます。

 

 打ち水した居酒屋に入りました。

 

 親父さんが一人でお客は無し。

 

 生ビールのお通しは筍の煮物。

 

 山椒の葉が添えてあります。

 

 合格です。

 

 親父さんが「今女房が出かけてるのでお相手出来なくて」

 

 「新聞でも」と言うので新聞眺めてるとおかみさん登場

 

 親父さんの釣ってきためじなを煮付けにしてもらい芋焼酎の水割り頂きました。

 

 おかみさんは話し好きでした。

 

 今の国会を怒ってました。

 

 セクハラだモリカケだと下らない事ばかり言って…。

 

 国の事を考えた政治しなくちゃダメ!って

 

 少々過激でしたが大いに賛成でした。

 

 六角さんに負けず劣らず指宿の酒と人情を味わう事ができました。

- comments(0) -
九州に行ってきました。3

 枕崎はあの薩摩白波のふるさとです。

 

 薩摩白波と言って直ぐに分かるあなたは素敵です。

 

 枕崎の居酒屋でキープされている焼酎の70%は白波でした。

 

 ただ、黒白波がそのうちの80%でした。

 

 ウ〜ン枕崎の地酒は薩摩白波か〜

 

 居酒屋で飲む日はビジネスホテル泊まりですが翌日は

 

 枕崎火の神公園でキャンプです。

 

 開聞岳が見えて

 

 抜群のロケーション​

 

 無料です!!!

 

 枕崎市の観光課管理です

 

 一応電話しました「火の始末、ゴミの持ち帰りはお願いします」「後はご自由に」

 

 とのことで最高!!!

 

 夕方までに他2組来ましたが、潮騒を子守唄になんて感じでした。

 

 ところが深夜釣り船のエンジン音で目が覚めました。

 

 ご覧のような場所なので絶好の釣り場なのでしょう。

 

 釣り船からは釣り人にマイクを使って竿のあげさげタナの深さの指示が賑やかにされてます。

 

 ま〜これはしょうがないですね。

 

 しかし午前3時過ぎに一人キャンパーが来ました。

 

 たき火台設置して焼肉始めました。

 

 午前3時…。

 

 ま〜深夜まで仕事だったのかと我慢します。

 

 ところがこのバカ誰かに電話して焼肉の実況始めました。

 

 大声で「うめ〜!!!」「サイコ〜」「油まで甘い!!!」

 

 実況は1時間にも及びました。

 

 最高な場所で最低なキャンパー 残念でした。

 

 朝2組のキャンパーにはわらじ館のパンフ渡しました。

 

 「富士山はテント張れませんので是非わらじ館へ」って

 

 当然あのバカには渡しません。

 

 常識の無い人間は、富士山わらじ館はお断りです。

 

 残念な気持ちのまま指宿に向かいました。 

 

 

- comments(0) -
<< | 2/77 | >>